鱗状縫合の触診法

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

整体ナビゲーター™の吉岡です。

 

 

 

 

 

 

今回は、『鱗状縫合の触診法』についてお話いたします。

 

 

 

 

 

 

鱗状縫合は、頭蓋骨の左右の側頭骨と左右の頭頂骨を繋いでいる縫合となります。

 

 

 

 

 

腰部の回旋制限や肩関節の挙上制限に対して特に効果的です。

 

 

 

 

 

鱗状縫合付近には偏頭痛の神経と言われる大小耳介後頭神経が通過しますので、刺激には注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

縫合への刺激の強さは、爪の先が少し白くなる程度なのであまり力はいりません。

 

 

 

 

 

細かいアプローチ方法は、CFT頭蓋筋膜療法セミナーにてレクチャーしています。

https://www.japan-treatment-academy.com/cft/

 

 

 

 

 

触診の指標やポイントは動画をご覧ください。

 

 

 

 

頭蓋骨へのアプローチは、確実な触診が何よりも結果に左右されますのでぜひ実践してみてください☆

 

 

 

 

 

 

次回もお楽しみに!!