矢状縫合の触診法

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

整体ナビゲーター™の吉岡です。

 

 

 

 

 

 

今回は、『矢状縫合の触診法』についてお話いたします。

 

 

 

 

 

 

矢状縫合は、左右の頭頂骨を繋いでいる縫合となります。

 

 

 

 

 

脊柱起立筋群の緊張、脊柱の柔軟性を改善するのに特に効果的です。

 

 

 

 

 

矢状縫合の途中には、万能穴として有名な『百会』というツボがあります。

 

 

 

 

 

 

細かいアプローチ方法は、CFT頭蓋筋膜療法セミナーにてレクチャーしています。

https://www.japan-treatment-academy.com/cft/

 

 

 

 

 

触診の指標やポイントは動画をご覧ください。

 

 

 

 

頭蓋骨へのアプローチは、確実な触診が何よりも結果に左右されますのでぜひ実践してみてください☆

 

 

 

 

 

 

次回もお楽しみに!!