臨床での頭蓋・筋膜治療⑤

本日はアナトミートレインでいう、フロントファンクショナルラインの活用です。

 

 

 

 

 

 

 

 

フロントファンクショナルラインは右大胸筋→腹直筋→左長内転筋の流れです。(逆もあります)

 

 

 

 

 

 

 

 

臨床でもこのフロントファンクショナルラインから紐解いたものがありますのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

40代男性

 

 

【主訴】

右肩の屈曲160°で、痛みと屈曲制限。

 

 

患者さんの言葉言うと、「これ以上痛くて上がりきらない!」

 

 

 

 

【治療】

 

肩周りの触診、局所診、全体診を行い、からだの傾き、捻れなど確認をします。

 

 

 

 

 

この方は、右肩が異常に内巻きに入りすぎてしまっていること、左の内転筋が短縮(伸張性低下)によって股関節の屈曲、開排制限がありました。

 

 

 

 

 

アプローチ法として、まず、恥骨調整。

 

 

 

 

 

腹直筋を緩めてもいいと思います。

 

 

 

 

 

恥骨調整を行い、股関節の屈曲制限なし。

 

 

 

 

股関節開排制限10→4となりました。

 

 

 

 

 

 

次に、内転筋です。

 

 

 

 

恥骨から大腿骨に付いています。

 

 

 

 

 

内転筋はリモートポイントである側頭筋を優しく緩めます。

 

 

 

 

 

 

股関節開排制限4→1となり、右肩の確認をしたところ、屈曲180°以上、つまり感、患者さんの言葉で言うと「これ以上痛くて上がりきらない」→「あっ動く!」でした。

 

 

 

 

 

このときには、右肩関節内旋もなくなり、大胸筋の筋緊張もありませんでした。

 

 

 

 

 

【考察】

からだの捻れなどが、すべて患者さんのカラダの動きの悪さに繋がります。

 

 

 

''ファンクショナル=機能的な''

 

 

 

 

やはり機能低下はからだの痛みに繋がりますね!

 

 

 

 

スキルのハウツーだけではなく、協会講師陣は臨床現場のお話も絡めながらお伝えしていますので、セミナー終了時にでもお気軽に質問してください!

 

 

 

 

 

 

ぜひ、参考にしてみてください(*^^*) 

  

  

  

  

  

  

それではまた!!

 

 

 

 

 

 

スキルについての細かい方向やアプローチ方法は協会主催セミナーにてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

※効果には個人差があります。

 

 

 

 

 

頭蓋・筋膜遠隔テクニックを学んで、臨床に活かしてみませんか??