臨床での頭蓋・筋膜治療④

 

本日も、臨床症例をもとにして頭蓋・筋膜テクニックを用いた事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

30代男性。

 

 

 

 

 

【主訴】

 

背部全体の筋緊張著名。

※臨床において、とにかくガチガチ多いです...

 

 

 

 

 

 

体幹前屈60°まで行くと背部から下肢後面までの張り感が強く伸ばせない。

 

 

 

 

 

 

【治療】

 

筋・筋膜アプローチ部位(リモートポイント調整)

広背筋、腸腰肋筋、大殿筋、腸脛靭帯と大腿二頭筋筋間。

 

 

 

 

 

 

 

順番は左側からであれば左広背筋、左腸腰肋筋、右大殿筋、右腸脛と大腿二頭筋筋間となります。

 

 

 

 

 

※右側は左右逆になります。(アナトミートレインのバックファンクションラインを参照)

 

 

 

 

 

 

 

手法としては、筋繊維を手掌から手根を使って筋線維に対して垂直に切るように緩めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に頭蓋遠隔アプローチ(頭蓋整骨)

 

 

 

 

 

 

 

冠状縫合の縫合に対して優しく刺激をいれます。(アナトミートレインのバックライン参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

施術後、体幹前屈90°以上、床に手がつくようになり、下肢の張り感が軽減し気持ちよいストレッチのようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【考察】

 

バックファンクションとバックラインが短縮を起こし伸びなくなってしまったのが要因の1つではと推測。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、この前後診後は、身体の歪みを調整し、背部の筋緊張が緩和され呼吸が深くなりスッキリされていました。

 

 

 

 

 

 

 

スキルのハウツーだけではなく、協会講師陣は臨床現場のお話も絡めながらお伝えしていますので、セミナー終了時にでもお気軽に質問してください!

 

 

 

 

 

 

ぜひ、参考にしてみてください(*^^*) 

  

  

  

  

  

  

それではまた!!

 

 

 

 

 

 

スキルについての細かい方向やアプローチ方法は協会主催セミナーや、会員限定メルマガ解説動画にてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

※効果には個人差があります。

 

 

 

 

 

頭蓋・筋膜遠隔テクニックを学んで、臨床に活かしてみませんか??