臨床での頭蓋・筋膜治療③

本日も、臨床症例をもとにして頭蓋・筋膜テクニックを用いた事例をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

16歳高校生男子(サッカー部)

 

 

 

 

 

 

 

【主訴】

1ヶ月半前に左下前腸骨棘の剥離骨折後、長期安静による左の大腿直筋、外側広筋の拘縮。

 

それによる、左股関節前面の詰まり感と屈曲90°での疼痛。

 

 

 

 

 

 

 

【治療】

 

 

⚫姿勢調整

 

猫背による骨盤の後傾をケアと環椎後頭関節(頭蓋整骨)

 

 

 

 

 

大、小胸筋のリリース(リモートポイント調整)で調整。

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫ROM調整

 

足趾の抵抗運動(リモートポイント調整)とアステリオンの調整(頭蓋整骨)で左股関節屈曲のつまり感消失。

 

 

 

左股関節屈曲痛ps10→4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⚫セルフケア指導

 

まだ患部の拘縮が強く残るので運動前後のストレッチ指導とダイナミックストレッチのやり方を指導して施術終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭蓋・筋膜アプローチにより、パフォーマンスアップも可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『緩める』『整える』『鍛える』の3拍子揃えて、再発しない身体作りをサポートする知識・スキル・理論を学びませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

スキルのハウツーだけではなく、協会講師陣は臨床現場のお話も絡めながらお伝えしていますので、セミナー終了時にでもお気軽に質問してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、参考にしてみてください(*^^*) 

  

  

  

  

  

 

 

 

 

  

それではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキルについての細かい方向やアプローチ方法は協会主催セミナーや、会員限定メルマガ解説動画にてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※効果には個人差があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭蓋・筋膜テクニックを学んでみませんか??

 

 

 

 

 

=======================

 

【スケジュール】

 

●頭蓋、筋膜入門および道場匠説明会

 

・9月17日(月) 18:00~19:30 

頭蓋・筋膜アプローチ腰痛(股関節)編 

  

・9月30日(日) 19:30~21:00 

頭蓋・筋膜アプローチ肩こり編 

 

 

●頭蓋整骨ベーシック   

 

・10月14日(日)10:00~13:00 

ベーシック② 

  

・11月4日(日)10:00~13:00 

ベーシック③ 

  

・12月2日(日)10:00~13:00 

ベーシック① 

 

  

●頭蓋整骨アドバンス 

 

・10月14日(日)14:00~18:00 

アドバンス② 

  

・11月4日(日)14:00~18:00 

アドバンス③ 

  

・12月2日(日)14:00~18:00 

アドバンス① 

 

 

●リモートポイント調整法ベーシック

 

・10月21日(日) 13:00~17:00

①頚肩部・上肢編 

  

・11月11日(日) 10:00~14:00

②腰股部・下肢編 

  

・12月9日(日) 10:00~14:00

③頭、顔面部編

 

=======================

 

★トピックニュース★

ゼロベースから一生使えるパフォーマンスが下がらないスキルをお伝えする半年間。

道場匠~TAKUMI~

https://www.japan-treatment-academy.com/dojo/takumi/