臨床での頭蓋・筋膜治療①

30代男性

2日前に固いコンクリートの路面で子供と遊んで長時間走り回ったところ左踵骨に痛みが発生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【主訴】

左踵骨中央の荷重痛、歩行痛著名。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【所見】

びまん性にやや炎症あり。圧痛(+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【治療】

 

①左右の荷重バランスを整える(骨盤の傾きを調整)目的で仙結節靭帯ならびに梨状筋を直接アプローチ。

これにより、肩甲間部の筋緊張もなくなり肩甲骨を引き寄せられる状態に。(リモートポイント調達)

 

 

 

 

 

 

 

 

②後頭骨の骨膜を丁寧にケア、きれいな面に仕上げる。(頭蓋整骨)

これにより、アナトミーで言うバックライン(経絡なら膀胱経)が整います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③左の膝窩(委中)を5秒刺激して足底筋膜を弛緩。(リモートポイント調整法)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④左の遠位・近位脛腓関節ならびに距腿関節の関節モビライゼーションにより足接地の安定性を図る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上でペインスケール10➡2~3。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同業の先生でしたので、スタッフさんに軽くアイシングやテーピングをしてもらうようにアドバイスいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、協会のコンテンツがそのまま臨床現場において活かされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキルのハウツーだけではなく、協会講師陣は臨床現場のお話も絡めながらお伝えしていますので、セミナー終了時にでもお気軽に質問してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、参考にしてみてください(*^^*) 

  

  

  

  

 

 

 

 

 

  

  

  

それではまた!!