大腿筋膜張筋の緊張を取る

こんにちは、リモートポイント調整講師の志津田です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のテーマは『大腿筋膜張筋の緊張を取る』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、筋膜治療でお問い合わせの多かった大腿筋膜張筋の緩め方について。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせの内容で多かったのが、ストレッチがしずらく緩んだ感じがしないとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場でよくある悩みの種ですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に使うリモートポイントが『前鋸筋』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前鋸筋は呼吸補助筋で、少しマイナーな感じはしますが、効果は絶大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

患部の大腿筋膜張筋と同側の前鋸筋の硬結を、ゆっくりとはがすように緩めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼気に合わせてなるべく手掌など大きい面でゆっくりアプローチすれば、くすぐったがってしまう方でも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライアントさんも前鋸筋の硬結がなくなることにより、次第に呼吸が楽になるのでリラックスしてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副交感神経も優位になり、日々の戦いでお疲れの方々はウトウトすることも...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大腿筋膜張筋が緩んだかわかりずらければ、股関節外転のROMの確認でも良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライアントさんに無理なく症状改善が望めるリモートポイント調整を学んでみませんか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい方向やアプローチ方法はセミナーや、今後は会員限定メルマガ解説動画にてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※効果には個人差があります。