頭蓋骨・前頭骨の解剖学

本日もブログを見ていただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

『頭蓋骨治療のナビゲーター』こと、吉岡です。

 

 

 

 

 

今回は頭蓋整骨を行う上で基本となる解剖学・前頭骨編をお伝えしていきます。

 

 

 

縫合/接合する骨


後方:蝶形骨、頭頂骨

 

 

下方:篩骨

 

 

前下方:鼻骨

 

 

下内側:上顎骨、涙骨

 

 

外側:頬骨

 

 

 

構成


〇前頭鱗

前頭骨の最大部位であり、大部分を構成する。

 

眼窩上縁と眉弓を形成。

 

前頭骨の頬骨突起は眼窩上縁部の後方から起こる。

 

 

〇眼窩部

眼窩天蓋と前頭蓋窩の床を形成。

 

 

〇鼻部

眼窩の滑車が眼窩部と接合する。

 

鼻骨と上顎骨前頭骨突起が接合し、鼻根を形成する。

 

 

 

特徴


・副鼻腔がある。

 眉間および眉弓部の内部にある1対の空洞(前頭洞)

 

 

・前頭縫合に沿って2つの骨化中心がある(2歳時)

 

 

・無対の骨である。

 

 

 

重要な触診ポイント


〇前頭結節

左右の最も突出する部位で、骨化点にあたる。

 

 

〇前頭切痕

滑車上動・静脈、眼窩上神経内側枝を通す。

 

 

〇冠状縫合

前頭骨と頭頂骨で構成する縫合。

 

 

 

付着する筋肉


〇前頭筋

 

 

〇眼輪筋

 

 

〇皺眉筋

 

 

〇鼻根筋

 

 

 

筋膜経線


〇スーパーフィシャル・バック・ライン

 

 

 

前頭骨ひとつ見ても重要なポイントがたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

全身の筋膜や、縫合、骨膜のアプローチをする上で解剖学を理解することは必須です!

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひ、参考にしてみてください(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!!