· 

頭蓋骨を調整する前のチェックポイント②

本日もブログを見ていただいてありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 『頭蓋骨治療のナビゲーター』こと、吉岡です。

 

 

 

 

 

 

本日も効果実証済みの頭蓋整骨についてお話していきます!

 

 

 

 

 

今回は前回の続きから!!

 

 

 

 

 

 

 

頭蓋骨を調整する前のチェックポイント2つ目。

 

 

 

 

②頭蓋骨の骨の正式名称

そもそもですが頭蓋骨は ずがいこつ ではなく とうがいこつ が医療用語では当たり前です。

 

 

 


※日本治療アカデミーの頭蓋整骨も ずがいせいこつ ではなく とうがいせいこつ です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今のは余談ですが、頭蓋骨はパズルのピースによく例えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです、つなぎ目は縫合です(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 



メジャーなところで言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前頭骨と頭頂骨で形成されているのが冠状縫合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


側頭骨と頭頂骨で形成されているのが鱗状縫合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


頭頂骨同士で形成されているのが矢状縫合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭頂骨と後頭骨で形成されているのがラムダ縫合。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭蓋整骨ではその他のマイナーな縫合へのアプローチもたくさんします♪

 

 

 

 

 

 

 

 



つまり、解剖学の正しい知識をインプットし正しく触診することで、痛いだけの頭蓋骨へのアプローチ(調整・矯正)をなくしていくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

常に解剖学的イメージを持っていないと触れませんし、効きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、患者さんを治せないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


適切に頭蓋骨の歪みを見つけ、正しくアプローチすれば痛みなんて必要ありませんし、力もいりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小柄な女性が2mのプロレスラーを簡単に治療することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、頭へのアプローチの強みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


解剖学をしっかり理解して、正しい頭蓋骨の歪みの改善方法を学びましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!!